AEVP(ポートワイン輸出企業協会)来日とCavaleiro授与

Association of Port Wine Companies(AEVP)はポルトガルの第二の都市、ポルトのヴィラ・ノヴァデガイアに本部を構えている、1975年に設立された民間非営利団体です。設立された主な目的は、ドウロワイン生産地域で造られたポートワインやドウロワインのワイン産業を振興、保護することにあります。AEVPに属しているのは15団体、ドウロワインの総売上に占める位置は30%、ブドウ園は20%です。ちなみにドウロはワインの売上高と輸出量において、ポルトガル第一位を占めている地域です。

ドウロとポートワインに親しむ夕べ

Doraさんと店主
Doraさんと店主

2018年5月に来日したのは、そのうちの7社で、播磨屋と長年の取り引きのある、Real Companhia Velha社からはDora Martinsさんが来日しました。5月21日には都内のポルトガル料理店、Piri Piriさんで「ドウロとポートワインに親しむ夕べ」を開催いたしました。参加された皆様はポルトガルに関心をお寄せ頂いている方々ばかり、ドーラさんから銘醸地ドウロのお話を聞きながら、ワインとお料理のペアリングを楽しんで頂くよい機会となりました。

PiriPiriさんワイン会の様子
PiriPiriさんも一緒に乾杯!メインのお料理にはエヴェル レゼルバ赤で
お召し上がりいただいたたワイン
お召し上がりいただいたたワインが勢ぞろい

ポートワイン・ドウロワイン試飲会 と ポートワインコンフラリア

AEVP試飲会案内状
AEVP試飲会案内状
翌22日には帝国ホテル蘭の間にて、ポートワイン・ドウロワインの試飲会が開催されました。いろいろなジャンルの業務店の方々が訪問されました。次に菊の間に会場を移し、「ポートワインコンフラリア」というポルトガルの伝統ある騎士団の任命式が執り行われ、店主川西に、シュヴァリエの称号が授与されました。

ヨーロッパのワイン騎士団の一つで、ワイン業界で大きな役割を果たしてきた人物に入団が認められているというものです。その後、牡丹の間にて、在日本ポルトガル大使ご夫妻のご臨席のもと、和やかに夕食会が行われました。一連の行事を通して、ますますポートワイン、ドウロワインの普及に努めていくことを心に誓った次第です。

サンデマン氏、フランシスコ・シャビエル大使閣下、店主
シュヴァリエ(騎士)の任命を受けて (左から、サンデマン氏、フランシスコ・シャビエル大使閣下、店主)
騎士団のみなさんで
騎士団のみなさんで