ディーエフジェイ
DFJ VINHOS, SA

畑を見回るJose Neiva Correia氏
畑を見回るJose Neiva Correia氏

アレンケルというリスボンのサブリージョンに、この国で最も力のあるワインメーカーの一人、Jose Neiva Correia氏がぶどうを持ち込み、基礎を作りました。1998年にDFJ Vinhosを創業、主にリスボン近郊の250ヘクタールのワイン畑を所有しています。現在では年間280万リットル、33の銘柄と77種のワインを生産しています。播磨屋ではCORETO(ポルトガル語で野外ステージ、野外音楽堂の意)という銘柄をご紹介しています。

Jose Neiva Correira氏は人々が飲みたいと思うワイン造りをモットーとし、世界でもトップレベルの品質のワインをポルトガルの自国品種で造ることを目指しています。

このワイナリーのあるリスボン地区は気候も穏やかで、適切な時期に降雨と湿度に恵まれます。大西洋に隣接しているため、穏やかな夏、冬となり、これに加えて夜露はぶどうの成熟によい影響を与えます。

2商品 1-2表示
2商品 1-2表示