バカリョア
BACALHÔA

2014年ワイナリーオブザイヤーに選ばれる
2014年ワイナリーオブザイヤーに選ばれる

バカリョア社はポルトガルでも最も大規模で革新的なワイナリーのひとつです。国内外のワイン愛好家の期待に添えるよう、あらゆるレンジのワインの通年供給を心がけています。

創立は1922年、当初はパルメラ地域のぶどうを用いたワイン造りをしていましたが、1998年にはラフィット・ロートシルトとのコラボレーションでキンタ・ド・カルモを買収、これはワイン漫画「神の雫」にポルトガルワインで唯一掲載されたワインです。

2007年にはスパークリングワインの生産者として名高いアリアンサを傘下に加え、現在7つのワイン生産地で1200ヘクタールの畑を持ち、40の異なるぶどう品種を用い、アリアンサ、キンタ・ド・カルモそしてキンタ・ドス・ロリドスの3か所のワイン生産拠点をもっています。それぞれのワイナリーは最新鋭の技術とノウハウをもった専門家集団によって、支えられています。

8商品 1-8表示
8商品 1-8表示

セトゥーバルのアゼイタオンにあるバカリョア・ワイナリーを訪ねました。ノーベル賞の晩餐会に供されたこともあるという、モスカテル・デ・セトゥーバルの本拠地でもあります。セトゥーバルのモスカテルはセラ・ダ・アラビダ地方産のモスカテルのみを用いた酒精強化ワインです。ほどよい酸と果実味が特徴です。アペリティフにもよいですが、食後の語らいのひとときにゆったりと楽しむのもよいですね。

モスカテルの樽と蔵の中のアズレージョ
左:モスカテルの樽 右:蔵の中のアズレージョ

ワインのみならず、文化、芸術にも力を注いでいる同社はあちこちに博物館を開設しています。アゼイタオンにあるワイナリーに併設されている博物館では、この時アフリカの展示物が所狭しと並べられていました。蔵に入ると、そこにはオーク樽が静かに眠っていました。15,000ものオーク樽があるそうです。壁面にはアズレージョ(ポルトガルのタイル)が貼られていました。

博物館入り口
バカリョア社のモットー「芸術、ワイン、情熱」 博物館入り口にて

すぐ隣には美しいPalacio de Quinta da Bacalhoaがあり、こちらを訪れたのは夜間でしたが、シンメトリーに手入れされた庭が見渡せました。

パラシオ
夜のパラシオとパラシオ内のアズレージョ

スパークリングワインで有名なAlliancaにも博物館があるようで、そちらも訪れてみたい場所のひとつです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。